相違点

まつげエクステ完了後でもレーシックは受診できるのはどうして?

最低1週間経てばレーシックを受診できます。
時間が経てば、まつ毛が安定し、目の中に入ったり、角膜を刺激したりすることを防げるからです。
しかしレーシックを行ってから、まつげエクステをしたい場合は、一か月以上の期間を開ける必要があるでしょう。

エクステには色々な種類がありますね。
金属チップを使ってつけるもの、また接着剤や超音波でつけたり、シールやテープでつけたり、また熱で圧縮してつけたりなど色々です。
一回つけたら自分で外せないものから、簡単に取り外せるものまであります。
これらまつげエクステもレーシック手術の際は注意しなければなりません。

レーシックから、まつげエクステの着用に時間を空ける理由は様々です。
もしレーシック手術中にまつ毛が取れてしまうこともあれば、目の中に、しかも角膜に当たったりすれば、最悪手術中断にもなりかねないからです。
まつげは直接目には関係ないものの、やはり近い所にありますので、気を付けないといけないでしょう。
またレーシックをやってからまつげエクステをやりたい場合、なぜこんなに期間を開けないといけないかと言いますと、レーシック手術をしたことで、角膜に傷が入ったので、それが安定するまでは、目の周りをソッとしておかないといけないのです。

このようにレーシックをする前後に気を付けなくてはいけないことは他にもあります。
例えば、レーシック適応検査を受けるとき、前もって数週間はコンタクトレンズを外しておかなければならないことがあります。
コンタクトレンズをすることで、角膜が圧迫されていて、適応検査の際、角膜の正確な厚さを知ることが出来ないからです。
ですから、コンタクトを前もって外しておくことで、自然の状態に戻しておきましょう。
またレーシックをした後は、まつげエクステを含め、アイメイクをすることは控えますし、水が目に入らないように洗顔、入浴も気を付けたり、紫外線から目を守るためにサングラスをかけたりします。
レーシックの前後に控えたほうが良いことがこちらにいくつか載っていますのでこちらのサイトも参考にしてみてください。

↓レーシック手術のおすすめクリニックはこちら
   

Copyright(C) 2013 大切な目の健康の為に All Rights Reserved.