相違点

レーシックの安全性は証明されているの?

レーシック手術で一番、心配なのがその安全性ですよね。
失明したら、、、なんてありえないですもんね。
ですが、そのご心配はありません。
白内障の手術より簡単な手術なので、専門医が行えば、安全性は確実です。
実際、日本でも、世界でもレーシック手術で失明したという情報はまだ上がってきていません。
また正しいクリニック選びをしていれば、安全性はさらに高まることでしょう。

明確な適応検査をうけ、衛生面に十分な配慮を行っているクリニックを探すならば間違いありません。
レーシックを受けることができる人の条件はこちらhttp://www.tasawuf.ws/ukerareru.htmlで確認してください。
しかし合併症があることが受ける前に理解しておくとよいでしょう。
まず軽度の合併症としましては、レーシック手術後にドライアイになることがあります。
これは手術後に起きる症状でして、目が乾燥しやすくなるのです。

でも2,3か月の間で、その間きちんと目薬を点眼すれば、元に戻るでしょう。
また、ぼやける、という合併症も起こるかもしれません。
これは術後直後におきることで、全体的にぼやけて見えにくくなる状態です。
しかし、時間が経過すれば自然に回復します。

最後に、異物感やしみる感じがあるかもしれません。
これも術後直後に起きるかもしれないことで、しかしほとんど、当日、または数日内に自然に収まります。
このように回復可能な軽度の合併症があります。
そしてまれに起きるかもしれない合併症として、近視に戻ってしまうというケースがあります。

これは、手術後、半年から1年経って、屈折率がまた変わってしまい、近視に戻ってしまうという例です。
再手術ができるかどうかは、医師の判断を仰ぐしかありません。
また、フラップのずれ、という合併症もあります。
これは術後に目を強くこすったり、強い衝撃があったりすると置きます。

しかしすぐに対処すれば元に戻せますし、そうならないように、保護用のメガネを数日間かけるようにしましょう。
最後に、夜間の光がにじんで見えたり、まぶしさを感じつことがあります。
これはまれに起きる症状で、しかし手術から半年程度で回復されるでしょう。

Copyright(C) 2013 大切な目の健康の為に All Rights Reserved.