相違点

レーシック手術をした後で、紫外線ケアを行う場合の重要な心配点とは?

紫外線はレーシック手術をしてもしなくても有害なものです。
それで特にこの術後は
紫外線に注意しましょう。

というのはレーシックを受けた後は、眼が非常に敏感になっていますし、抵抗力も低くなっています。
それで紫外線ケアの一番簡単な方法をご紹介しますと、それはサングラスを使用することです。
しかしこのケアを行う時に注意しなくてはならない点があります。

それはきちんと紫外線対策をしたサングラスを選ぶということです。
もしきちんと対策できていないと、紫外線から守られないので、これは重要な心配点と言えるでしょう。
サングラスを選ぶ時は、紫外線カットに優れたもの、また目だけでなく顔も一緒に隠れるような大き目のものを選ぶようにしましょう。

また目との隙間がない、花粉症対策用メガネのような形もよいでしょう。
サングラスの色ですが、黒や茶色など濃い色の方が紫外線対策になります。
またUVカットときちんと記載されているものを選ぶようにしましょう。

また外出するとき以外にも紫外線に気を付ける必要がある時もあります。
例えば日差しの強い日、部屋のカーテンを開け閉めする際は、サングラスをかけてから行うようにしましょう。
部屋の中だから大丈夫ということはありません。

同じように、車の中でも、運転しててもしなくてもサングラスをかけるようにしましょう。
紫外線は私たちが感じる以上に影響を及ぼしていることが多いからです。
ではサングラスはどれくらいの期間、使用しているべきなのでしょうか。

それは手術の方法で違いますので、医師に確認してみてください。
中には、角膜を非常い薄く削ったので、半年はかけていなくてはいけないという方もいらっしゃるようです。
もしこのような紫外線対策を怠るとすると、後遺症http://www2.packages.jp/dr.htmlが出てしまったりしますので是非注意してください。
医師によってはUVカット用の目薬を出してくれるようです。
それでその点眼を忘れずにすることも大事になってくるでしょう。

Copyright(C) 2013 大切な目の健康の為に All Rights Reserved.